歴代誌上 2

Study

              |

1 イスラエルのらは次のとおりである。ルベン、シメオン、レビ、ユダイッサカル、ゼブルン、

2 ダン、ヨセフ、ベニヤミン、ナフタリガド、アセル。

3 ユダらはエル、オナン、シラである。この人はカナンの女バテシュアがユダによって産んだ者である。ユダの長エルは主の前に悪を行ったので、主は彼を殺された。

4 ユダの嫁タマルはユダによってペレヅとゼラを産んだ。ユダらは合わせて人である。

5 ペレヅのらはヘヅロンとハムル。

6 ゼラらはジムリ、エタン、ヘマン、カルコル、ダラで、合わせて人である。

7 カルミのはアカル。アカルは奉納物について罪を犯し、イスラエルを悩ました者である。

8 エタンのはアザリヤである。

9 ヘヅロンに生れたらはエラメル、ラム、ケルバイである。

10 ラムはアミナダブを生み、アミナダブはユダ孫のつかさナションを生んだ。

11 ナションはサルマを生み、サルマはボアズを生み、

12 ボアズはオベデを生み、オベデはエッサイを生んだ。

13 エッサイは長子エリアブ、次にアビナダブ、第にシメア、

14 にネタンエル、第五にラダイ、

15 第六にオゼム、第七にダビデを生んだ。

16 彼らの姉妹はゼルヤとアビガイルである。ゼルヤの産んだはアビシャイ、ヨアブ、アサヘルの人である。

17 アビガイルはアマサを産んだ。アマサの父はイシマエルびとエテルである。

18 ヘヅロンのカレブはそのアズバおよびエリオテによってをもうけた。そのらはエシル、ショバブ、アルドンである。

19 カレブはアズバが死んだのでエフラタをめとった。エフラタカレブによってホルを産んだ。

20 ホルはウリを生み、ウリはベザレルを生んだ。

21 そののちヘヅロンはギレアデの父マキルのの所にはいった。彼が彼女をめとったときは六十歳であった。彼女はヘヅロンによってセグブを産んだ。

22 セグブはヤイルを生んだ。ヤイルはギレアデの地に二十三のをもっていた。

23 しかしゲシュルとアラムは彼らからハボテ・ヤイルおよびケナテとその村里など合わせて六十のを取った。これらはみなギレアデの父マキルの孫であった。

24 ヘヅロンが死んだのち、カレブは父ヘヅロンのエフラタの所にはいった。彼女は彼にテコアの父アシュルを産んだ。

25 ヘヅロンの長エラメルのらは長ラム、次はブナ、オレン、オゼム、アヒヤである。

26 エラメルはまたほかのをもっていた。名をアタラといって、オナムのである。

27 エラメルの長ラムのらはマアツ、ヤミン、エケルである。

28 オナムのらはシャンマイとヤダである。シャンマイのらはナダブとアビシュルである。

29 アビシュルの妻の名はアビハイルといって、アバンとモリデを産んだ。

30 ナダブらはセレデとアッパイムである。セレデはをもたずに死んだ。

31 アッパイムのはイシ、イシのはセシャン、セシャンのはアヘライである。

32 シャンマイの兄弟ヤダのらはエテルとヨナタンである。エテルはをもたずに死んだ。

33 ヨナタンのらはペレテとザザである。以上はエラメルの孫である。

34 セシャンには男のはなく、ただ女ののみであったが、彼はヤルハと呼ぶエジプトびとの奴隷をもっていたので、

35 セシャンはを奴隷ヤルハに与えてそのとさせた。彼女はヤルハによってアッタイを産んだ。

36 アッタイはナタンを生み、ナタンはザバデを生み、

37 ザバデはエフラルを生み、エフラルはオベデを生み、

38 オベデはエヒウを生み、エヒウはアザリヤを生み、

39 アザリヤはヘレヅを生み、ヘレヅはエレアサを生み、

40 エレアサはシスマイを生み、シスマイはシャルムを生み、

41 シャルムはエカミヤを生み、エカミヤはエリシャマを生んだ。

42 エラメルの兄弟であるカレブらは長をマレシャといってジフの父である。マレシャのヘブロン

43 ヘブロンらはコラ、タップア、レケム、シマである。

44 シマはラハムを生んだ。ラハムはヨルカムの父である。またレケムはシャンマイを生んだ。

45 シャンマイのはマオン。マオンはベテヅルの父である。

46 カレブのそばめエパはハラン、モザ、ガゼズを産んだ。ハランはガゼズを生んだ。

47 エダイのらはレゲム、ヨタム、ゲシャン、ペレテ、エパ、シャフである。

48 カレブのそばめマアカはシベルとテルハナを産み、

49 またマデマンナの父シャフおよびマクベナとギベアの父シワを産んだ。カレブはアクサである。

50 これらはカレブ孫であった。

51 ベツレヘムの父サルマおよびベテガデルの父ハレフである。

52 キリアテ・ヤリムの父ショバルらはハロエとメヌコテびとの半ばである。

53 キリアテ・ヤリムの氏族はイテルびと、プテびと、シュマびと、ミシラびとであって、これらからザレアびとおよびエシタオルびとが出た。

54 サルマのらはベツレヘム、ネトパびと、アタロテ・ベテ・ヨアブ、マナハテびとの半ばおよびゾリびとである。

55 またヤベヅに住んでいた書記の氏族テラテびと、シメアテびと、スカテびとである。これらはケニびとであってレカブの先祖ハマテから出た者である。