歴代誌上 12

Studie

              |

1 ダビデがキシのサウルにしりぞけられて、なおチクラグにいた時、次の人々が彼のもとに来た。彼らはダビデを助けて戦った勇士たちのうちにあり、

2 をよくする者、左右いずれの手をもってもよくを射、を投げる者で、ともにベニヤミンびとで、サウルの同族である。

3 そのかしらはアヒエゼル、次はヨアシで、ともにギベア出身のシマアのたちである。またエジエルとペレテで、ともにアズマウテのたちである。またベラカおよびアナトテ出身のエヒウ。

4 またギベオン出身のイシマヤ、彼は三十人のうちの勇士で、その三十人の長である。またエレミヤ、ヤハジエル、ヨハナン、ゲデラ出身のヨザバデ、

5 エルザイ、エリモテ、ベアリヤ、シマリヤ、ハリフびとシパテヤ、

6 エルカナ、イシア、アザリエル、ヨエゼル、ヤショベアムで、これらはコラびとである。

7 またゲドルのエロハムのたちであるヨエラおよびゼバデヤである。

8 ガドびとのうちから荒野の要害に来て、ダビデについた者は皆勇士で、よく戦う人、よく盾とやりをつかう者、そのはししののようで、その速いことはにいるしかのようであった。

9 彼らのかしらはエゼル、次はオバデヤ、第はエリアブ、

10 はミシマンナ、第五はエレミヤ

11 第六はアッタイ、第七はエリエル、

12 第八はヨナハン、第九はエルザバデ、

13 第十はエレミヤ、第十一はマクバナイである。

14 これらはガド孫で勢の長たる者、その最も小さい者でも人に当り、その最も大いなる者は人に当った。

15 ヨルダンがその全岸にあふれたとき、彼らはこれを渡って、々にいる者をことごとく東に西に逃げ走らせた。

16 ベニヤミンとユダ孫のうちの人々が要害に来て、ダビデについた。

17 ダビデは出て彼らを迎えて言った、「あなたがたが好意をもって、わたしを助けるために来たのならば、わたしの心もあなたがたと、ひとつになりましょう。しかし、わたしの手になんの悪事もないのに、もしあなたがたが、わたしを欺いて、に渡すためであるならば、われわれの先祖がどうぞみそなわして、あなたがたを責められますように」。

18 時に霊が三十人の長アマサイに臨み、アマサイは言った、「ダビデよ、われわれはあなたのもの。エッサイのよ、われわれはあなたと共にある。平安あれ、あなたに平安あれ。あなたを助ける者に平安あれ。あなたのがあなたを助けられる」。そこでダビデは彼らを受けいれて部隊の長とした。

19 さきにダビデがペリシテびとと共にサウルと戦おうと攻めて来たとき、マナセびと数人がダビデについた。(ただしダビデはついにペリシテびとを助けなかった。それはペリシテびとの君たちが相はかって、「彼はわれわれの首をとって、そのサウルのもとに帰るであろう」と言って、彼を去らせたからである。)

20 ダビデがチクラグへ行ったとき、マナセびとアデナ、ヨザバデ、エデアエル、ミカエル、ヨザバデ、エリウ、ヂルタイが彼についた。皆マナセびとの人の長であった。

21 彼らはダビデを助けて敵に当った。彼らは皆大勇士で勢の長であった。

22 ダビデを助ける者がに加わって、ついに大軍となり、神の軍勢のようになった。

23 主の言葉に従い、サウルの国をダビデに与えようとして、ヘブロンにいるダビデのもとに来た武装した軍隊の数は、次のとおりである。

24 ユダ孫で盾とやりをとり、武装した者人、

25 シメオン孫で、よく戦う勇士七人、

26 レビの孫からは人。

27 エホヤダはアロンの家のつかさで、彼に属する者は人。

28 ザドクは年若い勇士で、彼の氏族から出た将二十二人

29 サウルの同族、ベニヤミンの孫からは人、ベニヤミンびとの多くはなおサウルのに忠義をつくしていた。

30 エフライムの孫からは二万八人、皆勇士で、その氏族の名ある人々であった。

31 マナセの半部族からは一万八人、皆ダビデを王に立てようとして上って来て、名をつらねた者である。

32 イッサカル孫からはよく時勢に通じ、イスラエルのなすべきことをわきまえた人々が来た。その長たる者が二人あって、その兄弟たちは皆その指揮に従った。

33 ゼブルンからは五万人、皆訓練を経た軍隊で、もろもろの武具で身をよろい、一にダビデを助けた者である。

34 ナフタリからは将たる者一人および盾とやりをとってこれに従う者三万七人。

35 ダンびとからは武装した者二万八人。

36 アセルからは戦いの備えをした熟練の者四万人。

37 またヨルダンのかなたルベンびと、ガドびと、マナセの半部族からはもろもろの武具で身をよろった者十二万人であった。

38 すべてこれらの戦いの備えをしたいくさびとらは真をもってヘブロン来て、ダビデを全イスラエルの王にしようとした。このほかのイスラエルびともまた、をひとつにしてダビデを王にしようとした。

39 彼らはヘブロンにダビデとともにいて、食い飲みした。その兄弟たちは彼らのために備えをしたからである。

40 また彼らに近い人々はイッサカル、ゼブルン、ナフタリなどの遠い所の者まで、ろば、らくだ、騾馬、牛などに食物を負わせて来た。すなわち麦粉の食物、干いちじく、干ぶどうぶどう酒、、牛、などを多く携えて来た。これはイスラエルに喜びがあったからである。